国立公園大山とは
皆さんは大山がどんな山かご存知ですか?

 豪円山のろし台より【春】豪円山ごうえんざんのろし台より【春】

国立公園大山だいせん

所在地:鳥取県西伯郡大山町
標高:1709m
交通:米子よなご自動車道「溝口ICまたは米子IC」から車で15分、米子駅から大山寺までバス約50分



様々な顔を見せる大山(日本百名山)

大山隠岐国立公園にある、中国地方最高峰の「大山」は、その雄大な景観・豊かな自然とともに貴重な歴史・文化遺産も豊富で、大山、中海、宍道湖観光エリアの中心(ハブ)となる存在です。

西側から見る大山は「伯耆富士ほうきふじ(出雲富士)」とも呼ばれ、その姿は名前の通り富士山を仰ぎ見るがごとく美しく雄大な姿を見せてくれます。
また、大山南側「鍵掛峠かぎかけとうげ」から見る大山はその容姿を一変させ、切り立った山肌(南壁)をあらわにし、 春・夏の緑、秋の紅葉とダイナミックなパノラマが目の前に広がります。



神話と伝説と歴史と文化に包まれた山

大山は古来より「大神岳おおかみのたけ(出雲国風土記では【火神岳ひのかみだけ】)」と呼ばれ、「神仏のおわします山」、「修験の山」と崇められてきました。 「大神山神社おおがみやまじんじゃ奥宮おくみや」「角磐山 大山寺かくばんざんだいせんじ」を中心に、 最盛期には僧兵3,000人を擁していたという大山寺旧境内一帯が国指定史跡になっています。

大山寺だいせんじ」には大きな牛の銅像「宝牛たからうし」がありますが、 これは江戸時代頃から行われていた牛馬市(日本遺産認定)の名残で、 牛の霊を慰めるために牛の鼻ぐりを鋳造して作ったものです。

この大山には志賀直哉をはじめとする多くの文人が訪れており、その句碑等に接することができます。



スポーツにレジャーに楽しめる山

大山の四季にはそれぞれの魅力があります。 春は野鳥のさえずりとともに、「ぶな」や「ななかまど」などの木々が一斉に芽吹き、微妙に異なる色の若葉・新緑が大山全体を覆い尽くします。

登山は四季を通して親しまれていますが、特に6月に行われる「大山夏山開き祭」を境に夏山の大山には多くの登山客が訪れます。 また、涼しい高原の気候を求めて避暑客でも賑わいます。そして、最近では大学等の運動部合宿なども多く行われています。

秋は木々が一斉にその色を変化させ、全山が黄色や赤色に紅葉します。紅葉の見どころスポットも沢山あり、それぞれを巡るのも楽しみです。

冬は西日本最大級のゲレンデ「だいせんホワイトリゾート」があり、地元・中国地方はもとより、関西、四国、九州そして海外からも多くのウインタースポーツファンが訪れます。


お問い合わせ

大山町観光案内所 TEL 0859-52-2502
大山町観光課 TEL 0859-53-3110
ホテル大山 しろがね TEL 0859-52-2211